スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Posted by miyu
     
    [スポンサー広告
    折り紙な日
    作っちゃったー♪
    IMG_1115.jpg
    脚のはえた紙飛行機!
    かわいすぎでしょ~
    考えたヒト、すごいわぁ

    折り方、動画で説明してくれてます↓



    で、他にも脚付きの折り方ないかなぁって探したら。
    あるもんだねぇ。

    脚のはえた鶴。
    IMG_1111.jpg   IMG_1110.jpg
    なんかもう、ツボです。
    いっぱい作っちゃった。
    自立できればもっとよいんだけどな。
    でも、この脚の細さが魅力の1つなんだから、仕方ないか。
    折り方は、こちらを参考にさせて頂きました→http://aozoragaigo.fc2web.com/kiroku/how.html

    こうなってくると、手もホシイ・・・。
    画像はあるんだけど、作り方が見つからないのよねー。
    そんなときはー。

    適当に作る!
    IMG_1112.jpg 
    うん。満足。
    でも、子ども達には、かなり不評。
    何これ?と聞かれたので、「鶴の妖精」と答えておきました。
    あやぴは、ちょっと納得したようですが、かつくんは、見つけると投げ捨てます
    いいんだもん。
    これは、大人の折り紙だから!

    4箇所切れ目を入れてあるけど、一枚の折り紙からできてますよ♪
    作り方メモ、追記に入れときますので、興味のある方はどうぞー。
    ・・・と言っても。
    これ、かつくんお気に入りのドラゴンの折り方をアレンジしただけなのです。
    なので、最初の部分は、本格折り紙作家 宮島登さんのサイトにある「四つ足鶴(もしくはドラゴン)」の折図を見てもらって、続きからいきます。

    折図の9番までいったら。

    ①羽が上になるように置き、中心の山を下にたおします。(裏も同じ)
    1_20120808235543.jpg 


    ②鶴を折るときのように、下側を半分に折ります。
    2_20120808235543.jpg 

    ③全部折ったところ。
    3_20120808235542.jpg 

    ④白い線の部分に、はさみやカッターで切りこみをいれます。(4箇所とも)
    4_20120808235542.jpg  

    ⑤普通の鶴と同じように、頭としっぽ部分を折ります。6_20120808235542.jpg

    ⑥腕にする方を開きます。
    7_20120808235644.jpg 

    ⑦開いたところを、上に半分に折ります。
    8_20120808235644.jpg 

    ⑧もとの形になるように、羽を折りなおします。(反対側も同じ)
    9_20120808235643.jpg 

    ⑨鶴の頭を折るときのようにして、手足を曲げます。形は、お好みで。
    10.jpg  

    ⑩完成です。
    IMG_1130.jpg
    スポンサーサイト
    Posted by miyu
    comment:0   trackback:0
    [その他作ったもの
    comment
    comment posting














     

    trackback URL
    http://tamanihanonnbiri.blog31.fc2.com/tb.php/399-fc09b6d7
    trackback