スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Posted by miyu
     
    [スポンサー広告
    水筒をデコパッチ
    デコパッチペーパー使ってないので、デコパッチっていえないかも。
    あやぴーのプーさん水筒、プーさんどこいっちゃったの?っていうくらい柄がはげちゃったので、
    ペタペタしてみたの。
    半紙で。
    画像 010 
    だって、あやぴー扱い悪いから、また傷付けて帰ってきたとき、すぐ補修できる方がよいし。
    デコパッチペーパーは、すぐに買いにいけないからねー。

    この間、半紙で試した時の難点っていうのかな、ニス塗った時の滲み方とか、透け透け感はこれくらい。
    画像 011 
    うーん。
    淡色に濃色を重ねるのはOK。
    淡色に淡色は、完全に同化しちゃうねぇ。

    これは、下地として使う分には問題なしってことかな。
    と、勝手に判断。
    配色考えれば、たぶん、使える。

    プーさんらしき跡を消すのに、今回は、木工用ボンドに白のアクリル絵の具を混ぜたものを使用。
    筆跡の凸凹を消すのは、ヤスリかけるより、もう一度ボンドつけて指でならしちゃったほうが、キレイに
    簡単にできた。

    突然思いつきで始めるから、資材買うのが間に合わないんだよねー。
    下地、ボンド+絵の具でも、ちゃんと白くなったけど。
    やっぱり、ジェッソを使った方が、耐久性がUPするとかあるのかしら・・・。
    あまりかわらないんだったら、ボンドの方がお手軽でよいんだけどなー。

    あ、糊も、試しに、木工用ボンド+洗濯糊でゆるくしたものを使ってみたんだった。
    どうせ、最後にニス塗るんだしって。
    あやぴー、実験台にしてごめんよー。
    でも、あやぴーのもので、すぐ剥がれてこないんだったら、これで充分な気がしちゃうよ。
    もし剥がれたら、すぐ直すからねー。


    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


    ・・・ちょっと不安になったので追加。
    あまりいないと思うけど、こんな無茶な方法でやってみようという方がいたら。
    半紙は、厚地の半紙ですよー。
    それと、半紙に印刷とか、もちろんメーカー推奨のプリンターの使い方ではないので、そこらへんは
    自己責任でお願いします
    私は、無理やり印刷するの大好きなので
    えぇ。後のこととか、あまり考えてないです・・・。
    スポンサーサイト
    Posted by miyu
    comment:0   trackback:0
    [貼ったもの
    comment
    comment posting














     

    trackback URL
    http://tamanihanonnbiri.blog31.fc2.com/tb.php/344-40dff71f
    trackback